ママさん看護師として働く|ナースann~アナタの最高の仕事を見つける~

HOME   >   ママさん看護師として働く

ママさん看護師として働く

立地条件と院内託児所は必須

泣いている女の子と女性

ママ看護師として働くには、勤務先が自宅または保育園、祖父母の家、スーパーが近所であることが好条件でしょう。
子供は急に熱を出したり風邪をひいたりします。保育園は預かっている子供を預かった状態のまま帰すことを鉄則としているため、すぐにお迎えの電話がかかってきます。
ですので勤務先の場所はかなり重要です。スーパーまで条件が整っているのは厳しいかもしれませんが、出来るだけ保育園の近くの勤務先を選んだほうが良いでしょう。

また院内託児所があればママ看護師には大変ありがたいです。
最近では24時間空いている託児所も増えてきました。しかし3交代制で夜勤ありの勤務であっても病院が必ずしもその時間帯まで子供を預かってくれるとは限りません。ですので事前にきちんとその辺をチェックしておく必要があります。

利用料金については通常の保育園に預け、延長保育を申し込むより、院内託児所の場合、病院が費用を負担してくれるのでコストメリットは大きいです。またわざわざお迎えに行かなくても済むというメリットは多いですね。

ブランクに対するフォローが必要

笑顔でヒアリングする女性

医療の進歩は日進月歩、日々進化しています。治療に関する器具や電子カルテ、手術の術式等どんどん新しいものに変わっていきます。
職場の変化にどれだけ早く対応出来るかも重要なことです。

育児休暇1年ですぐに復帰するママ看護師の方はあまり気にならないことかもしれません。しかしブランクがあることを理解した上で採用してくれる職場のほうが、精神的に楽であることは間違いありません。

教育システムやOJTがしっかりしている病院を選んだり、面接段階でブランクが○年あるということを伝えて、それを理解してくれる職場が理想的な職場と言えるでしょう。
また、現在の職場が数年後も自分にとって有利であるとは一概には言えません。子供が大きくなればライフスタイルも変わります。
無理なく、長く勤められる職場を見つけることがママ看護師にとって理想的な職場と言えるでしょう。


次ページへ>>ブランクありで働く