日勤のみで働く|ナースann~アナタの最高の仕事を見つける~

HOME   >   日勤のみで働く

日勤のみで働く

生活リズムが整うメリット

笑顔で子供話す女性

看護師の仕事は日勤と夜勤が混合されたシフトが多いイメージがありますが、日勤のみで働くことも可能です。
クリニック、介護施設は日勤のみのケースも多く、入院施設のある大きな病院でも日勤専属で働くことが可能です。

日勤のメリットは夜勤の仕事がないの一言に尽きます。
生活リズムが崩れることもなく、規則正しい生活が出来ますので生活リズムが整い、より良い生活を送ることが可能となります。

また既婚者の看護師にも日勤のみの仕事は大変人気です。既婚者は家庭をもち、中には子育て中のママさん看護師もいることでしょう。
夜勤シフトに入るためには家族の協力が必要となります。家族が協力してくれてもなかなか家事と育児、仕事の両立は難しいものです。
しかし日勤のみの仕事であれば普通の会社員の共働き夫婦と同じ形態になるため、家庭と育児、仕事を両立させることが可能となります。

日勤のみのデメリット

左手で指差す白衣の女性

では日勤のみで働く場合、デメリットはあるのでしょうか。
それは、日勤だけだと給与が下がるという点があげられます。2交代制の勤務の場合、夜勤に入ると1回につきおよそ1万円前後の夜勤手当がつきます。
しかし日勤のみだとその手当てはつきませんので、その分日勤と夜勤のシフトをこなす看護師より手取りの給与が低くなってしまうのです。

さらに今まで日勤夜勤のシフトで入っていた看護師が日勤のみになってしまうと、日勤だけの仕事のほうが体力的にきついと感じることが多いと言われています。
夜勤に入る日は遅くまで寝ていられますし、夜勤明けは自由に時間を使うことが可能です。
しかし日勤だけの場合、休みの日以外は毎朝早起き、規則正しい生活が逆に辛いと感じることもあるようです。

また日勤だけの場合、今後看護師としてキャリアを積みたいと思っている人にはオススメの働き方ではありません。
夜勤に入らなければ経験出来ないことも多いからです。
一人前の看護師を目指すならば、ある程度スキルを高めるまでは日勤と夜勤のシフトに入ったほうが良さそうです。


次ページへ>>夜勤のみで働く