ブランクありで働く|ナースann~アナタの最高の仕事を見つける~

HOME   >   ブランクありで働く

ブランクありで働く

ブランクありの看護師受け入れ事情について

老人を介護する女性

ブランクのある看護師の受け入れ状況はどうなっているのでしょう。復職出来ないということはありません。
ブランクのある看護師のために入職時に心肺蘇生や採血の方法、医療機器の使用方法の研修を行ったり、日勤のみの勤務を許可する等、その人それぞれに合わせた勤務体系を取り入れる病院が増えてきています。
特に入職時の研修は基本的な看護技術や知識を丁寧に教えてくれるところが多く、ブランクのある看護師の方でも不安なく職務につくことが可能となっています。

それでも不安がある方は、医療行為が比較的少ない介護施設等に復職するのが良いでしょう。
介護施設は基本的に医療が必要な人は入所されていませんので、職場の雰囲気も穏やかで、のんびりしているところが多いです。
ブランクのある看護師の方でもスッと馴染むことが出来るでしょう。

復職するための心構えを

医療関係者が話を聞いている様子

ブランクのある看護師が復職するにあたり、研修制度が整っていたり、医療行為が少ない介護施設を選択する等も重要なポイントですが、復職するにあたって心構えをしておくことも大切です。
復職する時は、新人時代の謙虚な気持ち、看護という仕事へのやる気を持っておく必要があります。

例え以前、先端医療でバリバリ活躍していたとしても、自分がブランクがあること、持っている看護知識が古いかもしれないということをしっかり認識しておくことは大切です。
もちろん最初は最新機器や知識についていくのに大変だと思われます。しかし一から学びなおす気持ちで挑めば、すぐに現場の感覚を取り戻すことが可能でしょう。

ブランクがある状態で復職する看護師の多くは不安を抱えています。しかしその不安を解消するような職場選びや、自分の復職への心構えをしておけば、例えブランクがあってもまた看護師として第一線で働くことが出来ることでしょう。


次ページへ>>キャリアアップを目指して働く